*ブラックパール(観賞用トウガラシ)の育て方*

スポンサーリンク



ブラックパールってどんな植物?

ガーデニング初心者さんのあこがれの花のひとつが「ブラックパール(観賞用トウガラシ)」ではないでしょうか。

黒真珠のような輝きを放つ黒とも紺ともいえないきれいな実が、時間が経つにつれて対照的な赤い実に変化していく様がとっても魅力的です。

観賞用食べられる品種など多種に及び、寄せ植えで一層際立つその存在感。

ピンクや黄色といったかわいいお花とは違う、ラグジュアリー感満載の花と言えますね🌹

ブラックパール(観賞用とうがらし)を初めて見たとき、まるで黒真珠のような輝きを放つ丸くてきれいな実に感激したことを覚えています。

ブラックパールは、単体で植えるよりも「寄せ植え」にした方がその美しさを存分に発揮できるのではないでしょうか。

ブラックパールの基本データ

【分類】一年草

【開花期】7月~10月頃

【特長】
タネで増やせます
・害虫や病気がとくになし
・寄せ植え向き
・黒い葉、黒から赤に変化する実がおしゃれです!
※観賞用ですのでたべられません※

ブラックパールの育て方

ブラックパールの育て方

日当たり

日当たりと風通しの良い場所で育ててください。
鉢でも地植えでもOK!

用土

市販の用土で大丈夫です。

おすすめガーデニング用土・腐葉土はこちら

水やり&肥料

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
乾燥や過湿に弱いので、暑い時期は水切れには注意してあげてください。

肥料

5月~9月の間、緩効性化成肥料もしくは液体肥料(ハイポネックス等)を定期的にあげるようにしてください。


《関東当日便》緩効性肥料 元肥/化成肥料 マグァンプK 中粒 1.3kg

種まき

4月~5月

*管理人は6月に植えたことがありますが問題なく成長してくれました..

増やし方

タネから増やせます。

  1. 赤い実がだんだんシワシワになってきたら、中から種を取り出してあげましょう。
    ブラックパール(観賞用トウガラシ)の種1
  2. タネを乾かします。
    ブラックパール(観賞用トウガラシ)の種2
  3. 乾かした種を要らない封筒(なんでもいいです^^;)に入れて、封筒に「ブラックパールの種♪(来年もきれいに咲いてね🌺)」と表書きをして、冷蔵庫で保存します。
  4. 次の春に、その種を植えてあげましょう!秋になると、またきれいな葉と丸くて魅力的な実に成長してくれますよ。
    ブラックパールの種まき

●ブラックパール/観賞用トウガラシの種苗はこちら

img_line02

挿し芽とは、植物の茎や葉っぱを切り取って増やす方法です。土や水に挿し、根付かせます。これまで、いろいろな植物を「挿し芽」で増やしました。ハゴロモジャスミン、ヤマホロシ、ヒペリカムなどなど。皆さんもぜひ《挿し芽》でお好きな植物を増やしてお庭を彩ってみてください!
ヒペリカムってどんな花? ブライダルブーケやお祝いの花束によく使われるヒペリカム。 黄色い花とピンクの実がなる、とってもかわいい低木です❀ 葉の緑もとっても鮮やかです。 6月~9月頃まで花が楽しめますよ :-) 挿し芽で増やせます。 ヒペリカムの育て方 ポイント
オステオスペルマムの育て方をご紹介します♪ カラフルな種類が豊富で、こんもり・わんさか咲くのが特長です。 多年草&常緑性で開花してい...

img_line01